骨董品として扱われる基準ってご存知ですか?骨董品の定義についてご紹介します!

骨董買取業者を徹底比較
骨董買取業者を徹底比較
  1. 骨董品買取ランキングHOME
  2. 骨董品の定義

骨董品定義

骨董品定義

骨董品の定義とはメインイメージ
骨董品の定義とはメインイメージ

骨董品とは実際に何が価値のある骨董になるのか、そもそもの骨董品の定義がわからない方は多々いると思います。「骨董品とは古ければ古いほど価値がある」「骨董品とは昔の有名な巨匠が制作した何か」など、骨董品定義に対して漠然としたイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?一体どこからが「骨董品」なのかを紹介していきたいと思います。

骨董品定義とは

実は日本と海外では骨董品定義に対する解釈が違います。アメリカでは、骨董品の明確な定義がされていて「通商関税法」を基に決められています。「骨董品とは製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品が唯一であり、欧米各国におけるアンティーク(骨董品)Antiqueの定義もおおむねこれに従っている」と記されていて、この骨董品定義は世界貿易機関でも採用されています。よって、加盟国の間では100年前に製造されたことが証明できるものは骨董品(アンティーク)という扱いになるのです。しかし、実のところ日本には骨董品のしっかりした定義はありません。前述で説明した定義よりも、「骨董品とは数十年前に作られたものも含めて骨董品」と呼ぶ場合が多いのです。

骨董品とは具体的に何か?

骨董品というと「絵画」「陶器」「掛軸」「象牙」など様々な種類を思い浮かべる方が多いと思います。それだけ一言に骨董品といっても様々な種類があるということですよね。とは言っても、実際に家から出てきたこれは骨董品?ただのガラクタ?などハッキリしないのも事実です。ではどんなものが具体的に骨董品になるのか。完結的に言ってしまうと様々な物が骨董品としての価値を持っています。

例えば外国コインであるメープル金貨や日本貨幣の1圓銀貨。これらはコインの中でも有名で古く、骨董品の扱いに十分なります。よくテレビ番組でも見かける機会があるのが昔のおもちゃ。ブリキのおもちゃなどですね。これも保存状態や年代、当時の人気具合や入手困難度によって驚くほどの価値を秘めている場合があります。このように、自分にとっての"ガラクタ"が広い視野でみると世界にとっては"オタカラ"になる可能性が十分にあるのです。なので、もしも「これはひょっとして価値があるものかも?」と疑問に思ったら骨董品買取業者に査定を依頼してみるといいでしょう。無料で査定してくれるところが多いので査定だけしてみるのもオススメです。

買取業者口コミ一覧

【骨董鑑定・骨董買取専門】福ちゃん の口コミ評判
他の買取店では断られた骨董品が、福ちゃんでは買取ってもらうことができました。丁寧に対応していただき、感謝しています。
【骨董鑑定・骨董買取専門】日晃堂 の口コミ評判
査定員の方がとても骨董品に詳しく、安心して査定を任せることができました。こちらの疑問にも丁寧に答えて下さって印象が良かったです。
【骨董鑑定・骨董買取専門】スピード買取.JP の口コミ評判
倉を整理していたら大量の骨董品が出てきたため、スピード買取さんにお世話になりました。迅速で丁寧な対応に満足です。
【骨董鑑定・骨董買取専門】買取プレミアム の口コミ評判
所持している骨董品の価値が知りたくて、買取プレミアムさんにお願いしました。電話での印象もよく、しっかり価値を教えて下さって助かりました。
【骨董鑑定・骨董買取専門】本郷美術館 の口コミ評判
本郷美術館さんにははじめてお世話になりました。専門知識が豊富で対応もしっかりしているので、安心して任せることができます。

買取業者ランキング

  • 福ちゃん公式サイトへ

    専門店ならではの熟練度の高い鑑定士が絶対の自信を持った鑑定眼で査定します。

  • 日晃堂公式サイトへ

    様々な骨董品の買取に特化した日晃堂。専門家が多数在籍しています。

  • 福ちゃん公式サイトへ

    迅速な対応が魅力的のスピード買取。買取の実績も豊富です。

ページのトップへ