骨董買取業者を徹底比較
骨董買取業者を徹底比較

掛け軸

『肉筆浮世絵』の骨董品としての価値や買い取りについて

投稿日:

肉筆浮世絵のイメージ画像

”肉筆浮世絵”は、江戸時代に生まれた浮世絵のジャンルの一つです。版画ではなく、絵師が直筆で描いた浮世絵を「肉筆浮世絵」と呼んでいます。”見返り美人図”で有名な菱川師宣を筆頭に、宮川長春、勝川春章、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重など、数々の有名な浮世絵師が肉筆浮世絵を描いてきました。今回の骨董品買取コラムでは、肉筆浮世絵の買い取り、肉筆浮世絵の魅力や歴史、葛飾北斎についてご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

肉筆浮世絵の魅力

肉筆浮世絵は、江戸時代に確立した絵画ジャンルの一つです。
「浮世絵」というと、葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」などのいわゆる「浮世絵版画」が一般的ですが、肉筆浮世絵はその名前が示す通り、絵師が一点一点筆で描いた作品です。


浮世絵とは風俗画の意味があり、江戸時代の人々の生活や文化、芸能、風物などを題材としました。大半が紙本彩色か絹本彩色の掛軸ですが、杉戸絵や絵馬、屏風絵、絵巻物として描かれた物があります。肉筆浮世絵の魅力は、江戸時代に生きた人々の生活や文化の息吹を、色彩豊かな絵画を通して見ることができることでしょう。また、版画と異なり、一点一点絵師が描いた当時としても貴重なものであるということも忘れてはいけません。

肉筆浮世絵の歴史

浮世絵が誕生したのは、十七世紀後半の寛文期とされています。この頃の浮世絵は、「寛文美人図」と言われるように遊女や若衆を題材に描かれたのも多く、それまで絵画の注文者は、上層階級の武士か一部の商人でしたが、寛文期には当時経済力を付け始めた町人が取って代わっていました。


初期の浮世絵画家の代表的な人物は、浮世絵の祖と言われる菱川師宣です。師宣は町衆が美意識にあった絵画を描き、木版画も刊行しました。また、工房を構えることで門人を多数養い、浮世絵の普及と後進の育成にも尽力しました。


師宣以降、十八世紀を代表する浮世絵師に宮川長春がいます。長春は、木版画を制作することはなく、肉筆浮世絵のみを描いた画家で、色気と愛嬌のある美人画は非常に人気がありました。多くの浮世絵師が活躍した江戸時代後期になると、勝川春章、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重などが木版画とともに肉筆浮世絵も描き、名品を残しています。

葛飾北斎

葛飾北斎というと、長い画業のなかで富嶽三十六景や北斎漫画など著名な作品を残し、三十回も号を変え、引っ越しも九十回以上行ったなど、多数の逸話のある日本を代表する浮世絵師です。近年、日本のみならず海外でも北斎人気が高まり、各地で展覧会も実施されているので、作品を目にした方も多いのではないでしょうか。


この北斎、木版画だけではなく、肉筆浮世絵を描いています。特に晩年は肉筆浮世絵の作成に力を入れており、動植物や仏教、日本の古典を題材にした作品を多く描きました。北斎の肉筆浮世絵を拝見すると、その絵の見事さに驚かされます。木版画ですと多数の職人を経て作品として現れるので分かりづらいですが、肉筆ですと線の鋭さや背景の暈し、微妙な色使いも見ることができ、北斎の作品はさらに神気ともいえるような凄みを放っており、一瞬で作品に引き込まれます。


北斎の肉筆浮世絵は、東京の両国にあるすみだ北斎美術館で見ることができますので、展示状況を確認したうえで、ぜひ一度ご覧になっていただきたいと思います。

肉筆浮世絵の価値と買取り

肉筆浮世絵の価値は、1点のもので貴重なものであるにも関わらず、浮世絵版画に比べると金額的な価値は低いと言わざると言えません。しかしながら、浮世絵の人気は世界でますます高まっているので、肉筆浮世絵の評価も高まるのではないかと思います。

-掛け軸

ページのトップへ

Copyright© 骨董買取店ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.