骨董買取業者を徹底比較
骨董買取業者を徹底比較

茶道具

『煎茶道具』の骨董品としての価値や買い取りについて

投稿日:

煎茶のイメージ画像

煎茶道具(せんちゃどうぐ)とは、茶道の一種である”煎茶道”で利用される茶道具です。茶の湯道具に比べると、買取価値は低くなるのが実情です。
とはいえ、近年の中国美術ブームの影響で宜興窯の茶瓶、古い錫の茶壷などは高価なものが多く、買取価格も期待できます。


今回の骨董品買取コラムでは、煎茶道具の買い取り、煎茶道具の魅力や歴史、青木木米の煎茶道具についてご紹介します。煎茶道具買取に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

煎茶道具の魅力

煎茶道具は、煎茶道で用いられる道具です。炭を入れ、湯を沸かす「涼炉」。涼炉を乗せる「炉台」。涼炉に乗せて湯を得る「湯瓶(ボーフラ)」。茶葉と湯を入れ、茶を注ぐ「茶瓶」。銘々が茶をいただくための「煎茶碗」。煎茶碗を乗せる「茶托」。茶葉を入れる「茶壺」。茶壷から茶を取り出す「茶則」。道具を収める「器局」。そのほか、水注、水指、煎茶盆、棚、建水など、煎茶道具には多くの道具があります。


煎茶道具と茶の湯道具との違いは、どちらも中国に起源を持ちながら、茶の湯は中国宋時代、煎茶道は明時代の思想や文化を取り入れていることにあります。また、茶の湯は、千利休による侘茶の大成により、日本独自のものへと進化していきましたが、煎茶は中国の文人的な要素を色濃く残したまま伝わっています。


煎茶道具の魅力は、中国趣味または文人趣味の風雅な世界を、比較的小さな道具を取り合わせながら体現することにあります。

煎茶道具の歴史

日本において、さまざまな道具を用いて煎茶の世界を煎茶道にまで高めた人物は、18世紀に活躍した黄檗宗の僧であった高遊外売茶翁です。売茶翁は、中国文人の清雅な精神に範を求め、当時形式主義に陥っていた茶の湯を批判し、自由で精神性を高めるべく、京都にて独自の道具を用いて煎茶を振る舞いながら、煎茶道を提唱しました。


その後、上田秋成、頼山陽、田能村竹田など江戸時代後期を代表する文化人にも好まれ、文人画や文房清玩の趣味と合わせ、煎茶は一大ブームを起こすことになります。このブームは、戦争の影響などで途中の衰退はありますが、1950~60年ごろまで続くことになります。

青木木米の煎茶道具について

青木木米は、江戸時代後期の文化文政期を中心に、京都で活躍した陶工の一人です。数多くの文化人が活躍した、いわゆる化政文化を彩った作家の一人でもあります。


木米は、当初は書の研究に勤しんでおりましたが、奥田潁川との出会いをきっかけに陶芸の道へ入ります。当時の京都では、中国の文人趣味が流行しており、陶芸も伝統的な古清水風が廃れ、中国陶磁風の作品に人気が推移していました。その中国陶磁風の作品を制作した先駆的存在が奥田潁川です。


木米も、当然ながら中国陶磁風の作品を数多く作りましたが、ときには加賀の前田家に招聘され、九谷焼の再興にも尽力しました。このことからも木米の非凡な才能を伺い知ることができます。


木米は、当時の煎茶ブームに伴い、多くの煎茶道具を作成しました。さまざまな器種を作っていますが、人気があるものは、急須と煎茶碗でしょう。急須は、カラフルな交趾手と焼き締めの南蛮手の作品が木米の代表的な作品とされます。煎茶碗は、赤絵、染付、白磁、金襴手などさまざま技法の作品があり、現在でも高い人気を誇っています。

煎茶道具の価値と買取り

煎茶道具の価格は、茶の湯道具に比べると安価なのが実情です。しかし、近年の中国美術ブームにより、宜興窯の茶瓶、古い錫の茶壷などは高価なものが多く、また青木木米や仁阿弥道八など江戸後期に活躍した陶工の煎茶道具も人気があります。


煎茶席で用いられる掛物に文人画があります。現在、日本の文人画はかつてに比べるとかなり値を下げていると言わざるを得ませんが、近現代の中国の著名画家による文人画は、法外な価格で取引されています。中国の文人画は、戦前期に数多く日本に請来されています。もし押入れの中に眠っているようなことがあれば、高価買取される作品もあるかもしれないので、文人画を多く取り扱っている専門業者に鑑定を依頼されるのもよいかもしれません。

-茶道具

ページのトップへ

Copyright© 骨董買取店ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.